顧客層と景品の関係

ガチャガチャの導入にあたって、メインターゲットとなるのが子供であることは確かですが、最近では、子供以外の層に利用されるケースが増えて来ています。ガチャガチャは、ファミリーレストランやおもちゃ屋のみならず、カフェテリアやマンガ喫茶、スポーツショップなど、さまざまな場所に設置されています。そのような状況の中で、広く若年層の顧客がターゲットとなる場合が多々見受けられます。

そのようにして、狙い目とする顧客層を決定したら、それに見合ったカプセルトイを用意しましょう。例えば、同じ子供でも、当然のことながら、性別によって適するカプセルトイの種類には違いが生じて来ます。

ガチャガチャを導入するに際して、どのような景品を選定するかは、非常に重要な問題となります。こちらの問題を解決するためには、先ほども述べたように、ターゲットとする顧客層を決定する必要があります。先述のように、子供の性別によって適する景品は異なりますが、どちらかだけにターゲットを絞り込むと、性別の異なる子供を連れたファミリーが来店した時に、子供同士が喧嘩し、ひいては親にも敬遠されるという状況に陥る可能性もあるので、その点は気をつける必要があります。

事前の準備について

複数台のガチャガチャ本体を設置しようと考えれば、それなりのスペースを用意する必要性が生じて来ます。そのような問題を解決するためには、省スペース性・機能性を重視したタイプの本体があるので、チェックしてみることをおすすめします。

次に、商品を購入するのに先立っては、然るべき準備を整えておくことが大切です。例えば、ガチャガチャ本体を設置するスペースは、前もって確保しておくのがおすすめの方法です。ガチャガチャの場合、基本的に電源を必要としないため、コンセントなどのない場所でも問題なく設置することが可能になります。また、希望する設置台数も、なるべく事前に決めておくことをおすすめします。商業用途で導入する場合、上下2段式のものが現在の主流となっています。

本体の設置台数は、多ければ多いほど豪華に見えることは言うまでもありませんが、設置可能なスペースの問題もあります。そのあたりの事情を考慮に入れると、まずは設置スペースを確保した上で、その中に収まる台数を計算し、実際に設置する台数を決めるのも良い方法と言えます。また、ガチャガチャの導入に限らず、マーケティングの基本として、ターゲットとする顧客層は事前に決めておきたいところです。

カプセルトイの導入

店舗のオーナーが客数を増やすためには、ガチャガチャの導入も検討する価値があります。また、個人の趣味で、ガチャガチャを購入することも可能になります。それらの内、商業目的で導入する場合は、商用に適する価格帯の商品を選択することが大切です。ガチャガチャの導入に際しては、最低限、本体と空カプセル、カプセルの中身(カプセルトイ)、設置スペースがあれば、設置後すぐに運用を開始することが可能になります。

次に、ガチャガチャの本体を導入するにあたっては、本体のサイズ、使用できる硬貨の種類、価格設定の幅、対応するカプセルのサイズを確認しておきましょう。中でも、本体サイズは、設置の可否に直接的な影響を与える要素なので、あらかじめしっかりとチェックしておく必要があります。また、本体を複数台設置するためには、それなりのスペースが必要となります。こちらのスペースを節約するために適した商品が存在するので、気になる方はチェックしてみると良いでしょう。また、設置スペースは、商品を購入する前に確保しておくことをおすすめします。ガチャガチャは、基本的に電源を使用しないので、コンセントなどの場所を気にする必要はありません。

当サイトでは、ガチャガチャの導入をお考えの方のために、役に立つ情報をいろいろとご提供します。ガチャガチャを導入する目的や、事前にチェックしておきたいポイントなどをご紹介するので、是非参考にしてみて下さい。