顧客層と景品の関係

ガチャガチャの導入にあたって、メインターゲットとなるのが子供であることは確かですが、最近では、子供以外の層に利用されるケースが増えて来ています。ガチャガチャは、ファミリーレストランやおもちゃ屋のみならず、カフェテリアやマンガ喫茶、スポーツショップなど、さまざまな場所に設置されています。そのような状況の中で、広く若年層の顧客がターゲットとなる場合が多々見受けられます。

そのようにして、狙い目とする顧客層を決定したら、それに見合ったカプセルトイを用意しましょう。例えば、同じ子供でも、当然のことながら、性別によって適するカプセルトイの種類には違いが生じて来ます。

ガチャガチャを導入するに際して、どのような景品を選定するかは、非常に重要な問題となります。こちらの問題を解決するためには、先ほども述べたように、ターゲットとする顧客層を決定する必要があります。先述のように、子供の性別によって適する景品は異なりますが、どちらかだけにターゲットを絞り込むと、性別の異なる子供を連れたファミリーが来店した時に、子供同士が喧嘩し、ひいては親にも敬遠されるという状況に陥る可能性もあるので、その点は気をつける必要があります。